車椅子タイヤ洗浄装置

車椅子タイヤ洗浄装置の特徴

独自の洗浄ブラシ方式:特殊洗浄用ブラシがタイヤ断面を包みこむように複数配置し、細かな高速円運動を行います。ブラシの先端部はタイヤの溝や側面をしっかりとらえ、高速振動衝突することにより強力な洗浄力を発生します。(国際特許申請中)

新発想の洗浄方法:従来のヨゴレやゴミを「削り取る」方法ではなく、極細ブラシで溝に沿って「はぎ取る」方式を採用。微少バイブレーションにより、溝奥まで深く入り汚れを素早くはぎ落とします。歩行補助具やダブルタイヤなど各種の車輪が洗浄可能です。

洗浄時間を短縮:1秒間に約50万本のブラシがタイヤをキャッチ。この大量の極細ブラシにより洗浄ムラを無くし、洗浄時間を大幅に短縮することを実現しました。

ブラシはタイヤに優しく耐久性抜群:多くのブラシでタイヤを洗浄するため、ブラシ1本当たりの負担も少なく耐久性が向上。また、ソフトな極細ブラシは、タイヤのゴム摩耗を緩和しロングライフが望めます。

簡単操作・低コスト・高性能:わずらわしい前後の調整をする必要がなく、置くだけで洗浄セッティングは完了。洗浄する車椅子のタイヤ幅に合わせて装置のブラシがスライドしスムーズにフィットします。また、ブラシがタイヤを突き上げるため、ウエイトも不要です。AC電源さえあれば使用できるため、設置場所も選びません。消耗品は洗剤とブラシのみ、ブラシは1個単位で交換可能なエコ装置です。

イメージ

車椅子洗浄装置の動画を見る

車椅子タイヤ洗浄装置製品紹介

4車輪振動式 車椅子タイヤ洗浄装置

2車輪振動式 車椅子タイヤ洗浄装置

※機械の外観・仕様等は予告なく改定、一部変更する場合があります。予めご了承下さい。